新星冷蔵工業株式会社 /解凍プラント淡雪シリーズ

公開日:2024/02/05 最終更新日:2024/05/07

新星冷蔵工業株式会社 /解凍プラント淡雪シリーズ

新星冷蔵工業株式会社 /解凍プラント淡雪シリーズ
引用元:http://www.shinsei.co.jp/product/melts.html
解凍後、雑菌などを無繁殖状態のまま長期保存できる理想的な解凍庫

おすすめポイント

ポイント1 豊富なタイプがある
ポイント2 自動の夜間解凍機能を持つ
ポイント3 多量の解凍を短時間で行える

基本情報

サイズ(大型)
処理量目安
処理量目安:5t
サイズ(中型)
処理量目安
処理量目安:500kg
サイズ(小型)
処理量目安
処理量目安:100kg
解凍方法の種類記載なし
システム管理方法2種類の二次冷媒により解凍から保管まで自動で行える
衛生管理方法二次冷媒を使用しているので霜が付かない
問い合わせ方法メールフォーム
会社情報新星冷蔵工業株式会社
東京都品川区東中延2-8-10 マツダビル1F

新星冷蔵工業株式会社 /解凍プラント淡雪シリーズへのアクセス

新星冷蔵工業株式会社は、解凍庫・解凍プラントのほかに冷凍庫や冷凍保管庫、急速凍結機、太陽光発電、太陽熱集熱器などの提供を行っている会社です。ここでは新星冷蔵工業株式会社の解凍庫・解凍プラントについて詳しくご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

新星冷蔵工業株式会社の特徴①解凍庫・解凍プラントの強み

新星冷蔵工業株式会社の画像2新星冷蔵工業株式会社の解凍庫・解凍プラントは多量冷凍肉、冷凍魚介類を始めとした冷凍品に対応している解凍庫です。各種冷凍品を品質保持しながら短時間で解凍し、解凍後は低温にて雑菌などを無繁殖状態のまま長期保存できる理想的な解凍庫・解凍プラントとなっています。

これまでの解凍庫・解凍プラントとの違い

今まで解凍の難点として挙げられていたのがドリップや目減り、変色といったものです。しかしこれらの課題も新星冷蔵工業株式会社の解凍庫・解凍プラントは「急速(5時間~8時間)」「低温(0℃~-3℃)」「適湿(80%~90%)」というすべての条件を満たすことで解決しています。

機種は内容量100kgのコンパクトなものから内容量5tのもの、特注で10tのものまで多種多様に10タイプ用意しています。使用用途や業種などに合わせて効率的に使用できるのも新星冷蔵工業株式会社の解凍庫・解凍プラントの強みです。

新星冷蔵工業株式会社の特徴②解凍プラントの特徴

新星冷蔵工業株式会社の画像3新星冷蔵工業株式会社の解凍プラントは2種類の二次冷媒を使い、解凍はもちろん保管まで連続的に自動で行える世界初のシステムであり、特許も取得しています。ここでは新星冷蔵工業株式会社の解凍庫・解凍プラントの特徴について詳しくご紹介します。

素早い解凍

新星冷蔵工業株式会社の解凍プラントは、平均的適量な送風ができる循環効率のよい熱交換器のエアーブラスト方式です。熱伝導率が高いコンタクトフリーザー冷却の逆応用をしているので、100kgなど比較的少ない量の冷凍品から10tの多量な冷凍品まで5時間~8時間で解凍することができます。

ドリップが少ない

温度管理が完全であり、解凍時のドリップがほとんど出ないのも新星冷蔵工業株式会社の解凍プラントの大きな特徴です。庫内温度を0℃~-1℃のマイナスサイドに保ち食品を解凍し、特殊解凍用二次冷媒は精度の高い熱交換器を経て制御されます。実際のテストでも完全解凍時のドリップ量が2%以下という結果が出ており、その実力は確かなものとなっています。

乾燥や目減り、変色がない

新星冷蔵工業株式会社の解凍プラントは冷媒を使用していることから、霜が一切つかないのも大きな特徴です。そのため除霜による除湿がなく解凍から保管まで常に80%~90%という適湿状態を保つことができます。これにより乾燥がなく、解凍品の目減りや変色がないのも新星冷蔵工業株式会社の解凍プラントの大きな特徴です。

長期保管庫・チルド食品の保管庫にも

新星冷蔵工業株式会社の解凍プラントは、冷凍品の中心温度を-3℃、表面温度を0℃程度に解凍された解凍品を、表面だけ冷却することで締め付ける方式となっています。そのため冷凍が始まる寸前程度の温度で冷却保管をして使用したり、そのまま長期保存したりもでき長期保存庫やチルド食品の保管庫としても活用できるのです。

衛生的

新星冷蔵工業株式会社の解凍プラントは霜取りのためのデフロストが必要ありません。そのため従来の冷蔵庫解凍のようにヒーターやホットガラスのデフロスト時の温度上昇がなく、解凍時は0℃~-1℃以上にならないという特徴もあります。これにより雑菌などが無繁殖状態のまま低温の中で解凍や冷却保存ができ衛生面でも安心です。

効率的に使用できる

新星冷蔵工業株式会社の解凍プラントは、解凍時間が5時間~8時間と短く1日2~3回の解凍が可能であることから効率的に使用できるという特徴もあります。退社前にタイムをスイッチセットすれば翌朝には最適な状態な解凍品が冷却保管されており、すぐに加工することができます。ほかの解凍装置と比較しても多量の解凍が短時間で可能なほか、機能的にも優れていることからイニシャルコストやランニングコストも抑えられ経済的です。

新星冷蔵工業株式会社の特徴③解凍プラントの種類

新星冷蔵工業株式会社の画像4新星冷蔵工業株式会社の解凍プラントは非常に多種多様です。ここではそんな新星冷蔵工業株式会社の解凍プラントの種類について詳しくご紹介します。

・淡雪FK-100:外寸法1,900×850×900、解凍量100kg
・淡雪FK-150:外寸法1,980×1200×900、解凍量15kg
・淡雪FK-200:外寸法2,000×1400×1000、解凍量200kg
・淡雪FK-300:外寸法2,110×1350×1400、解凍量300kg
・淡雪FK-500:外寸法2,100×1250×1900、解凍量500kg
・淡雪FK-1000:外寸法2,100×2500×1900 2,100×680×1,900、解凍量1t
・淡雪FK-2000:外寸法2,200×4900×1900 (設置場所により立体面的・平面的と考慮)、解凍量2t
・淡雪FK-3000:外寸法2,200×7300×1900 (設置場所により立体面的・平面的と考慮)、解凍量3t
・淡雪FK-4000:システム寸法(設置場所により立体面的・平面的と考慮)、解凍量4t
・淡雪FK-5000:システム寸法(設置場所により立体面的・平面的と考慮)、解凍量5t
※電源はすべて3P200V

まずは公式サイトをチェックしてみよう!

画期的なシステムで今までの解凍の難点を解消した新星冷蔵工業株式会社の解凍プラントが気になったら、まずは公式サイトをチェックしてみましょう。サイトでは実際の施工事例なども紹介されており、どのような場所で選ばれているかも確認することができます。新星冷蔵工業株式会社では解凍庫以外のさまざまな電気工事や内装工事にも対応しているので、それらも併せてぜひ一度公式サイトからお問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

丁寧なヒアリングで個別の設計が可能!

プロトンエンジニアリング株式会社 /プロトン解凍機

プロトンエンジニアリング株式会社 /プロトン解凍機
引用元:https://proton-eng.co.jp/

プロトンエンジニアリング株式会社の解凍機は、大量の食品を毎日処理する大型工場から、部分的な解凍を求める小・中型工場まで、様々なニーズに応えることができます。完全解凍から半解凍、小型標準機から大型機まで幅広く対応。特に解凍時間の速さは業界でも注目のポイントであり、ドラム缶や一斗缶、ペール缶など、多様な容器にも対応可能です。
また、解凍プログラムを利用することで、表面温度の管理が簡単になり、休日出勤の削減にも繋がります!
解凍ニーズに合わせた最適なソリューションを提供するこのメーカーに、ぜひ注目してみてはいかがでしょうか?

おすすめの解凍機メーカー比較表

イメージ
引用元:https://proton-eng.co.jp/

引用元:https://www.depak.jp/

引用元:https://foodtechno-eng.co.jp/

引用元:http://www.shinsei.co.jp/product/melts.html

引用元:https://www.fujigiken.net/

引用元:https://www.meiji-kikai.co.jp/microwave/
会社名プロトンエンジニアリング株式会社株式会社サンテツ技研フードテクノエンジニアリング株式会社新星冷蔵工業株式会社フジ技研工業株式会社明治機械株式会社
特徴導入コストを抑えられる!徹底したヒアリングによって最適なオーダーが可能!解凍時の歩留まりが最大5%改善!解凍ムラが少ない!シンプル構造で衛生環境が高い状態を維持できる!タッチパネル操作が可能!ドリップ、目減り、変色といった問題が解決されている!タイプも豊富!「低温高湿ミストシステム」という画期的なシステムを採用!いくつかのタイプが存在!1時間当たりの最大解凍能力は驚きの15.4t!短時間での解凍が可能!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
PR【業界別に解凍課題を解決】 効率性UPと品質を守る製品はこちら