株式会社ダイレクト・アール・エフ(小型急速解凍機フレーヴェ)

公開日:2024/06/15
株式会社ダイレクト・アール・エフ(小型急速解凍機フレーヴェ)

株式会社ダイレクト・アール・エフの小型急速解凍機フレーヴェについてお伝えします。食材が変色したり、解凍ムラができたり、冷凍食材を上手く解凍できずに困っているという飲食店の方も多いのではないでしょうか。食材の美味しさをキープしたまま誰でも簡単に解凍できると助かりますよね。小型急速解凍機フレーヴェの特徴を紹介します。

美味しさそのままで たった15 分で解凍

小型急速解凍機フレーヴェは、食材の旨みを逃さずに15分のスピード解凍が可能です。食材の美味しさを逃さない解凍品質の高さが魅力です。

世界最速解凍の小型解凍機フレーヴェ

小型急速解凍機フレーヴェでは、解凍時間がたった15分の世界最速解凍を実現しました。すぐに調理できるため、時短にもつながります。

美味しさを逃さない解凍技術

小型急速解凍機フレーヴェの解凍は、ドリップの流出を防ぎ食材本来の旨みを逃しません。解凍ムラや表面焼けの心配もありません。食感や色を損なわない解凍クオリティの高さが魅力です。

飲食業界が直面している課題

飲食業界では、衛生面や解凍品質の確保など、さまざまな課題があります。小型解凍機フレーヴェの導入により、飲食店が直面している課題を解決に導きます。

衛生面での課題

飲食店では、常に衛生面での懸念があります。厨房が高温になりやすい夏場の流水解凍や塩水解凍は、解凍温度が高くなりがちなため、衛生管理が難しく注意が必要です。解凍温度が高いと細菌が増殖したり、ドリップの流出により細菌が繁殖したり、衛生環境が悪化する可能性があります。

解凍品質の確保

飲食店では、スタッフの経験や知識の差により解凍品質に違いが出ます。解凍品質を一定に保てず、スタッフの熟練度に左右されるケースは少なくありません。誰が解凍しても品質を一定に保てると、人件費の削減にもつながります。

食品ロスの発生

従来の解凍方法では解凍に時間がかかるため、飲食店では必要な食材の種類や量を予測して、1~2日前から解凍する必要があります。しかし、急な予定変更により食品ロスが発生する可能性もあります。

人件費の削減

飲食店では仕込み時間が増えることにより、人件費が増加します。解凍時間の短縮は、仕込み時間の大幅な短縮につながります。

小型解凍機フレーヴェで解決

小型解凍機フレーヴェは、誰でもボタンを押すだけで、フレッシュな状態を保ったまま食材を解凍できます。

高い解凍クオリティ

小型解凍機フレーヴェは、クオリティの高い解凍が実現可能です。食感や旨み、色を損なうことなくフレッシュな状態で解凍できます。

誰でも簡単に解凍できる

小型解凍機フレーヴェは、食材を入れてボタンを押すだけの操作で、誰でも簡単に解凍できます。スタッフの経験や知識の差により、解凍品質が左右されません。食材を検知して自動で解凍時間を設定してくれるため、解凍品質を一定に保てます。

業界最小サイズで置き場所を選ばない

小型解凍機フレーヴェは業界最小のコンパクトサイズなので、置き場所を選びません。一般的な業務用電子レンジと同じサイズ感なので、省スペースで設置できます。軽量なので持ち運びにも適しています。

設置のための工事は不要

小型解凍機フレーヴェは、設置のための工事は不要です。家庭用コンセント100Vで使用できます。設置後すぐに使えるため、手間がかかりません。

基本特許取得の小型解凍機

小型解凍機フレーヴェは、ダイレクト・アール・エフの無線技術を活用した小型解凍機です。特許6707259号と6695559号の基本特許2件を取得しています。

高周波誘電解凍方式

小型解凍機フレーヴェは、無線技術による高周波誘電解凍方式の解凍機です。塩水解凍や流水解凍、冷蔵解凍、電子レンジ解凍などの課題を解決に導いてくれます。ドリップの流出や表面焼け、解凍ムラの心配は不要です。食材により異なりますが、10~30分程度で解凍が可能。

電子レンジでの解凍では、マイクロ波が食材の表面の水分を加熱することにより温められます。そのため、食材の表面や端が過熱状態になりがちです。食材の中心が凍ったままだったり、解凍ムラができたり、均一に解凍できないことも少なくありません。

一方で高周波誘電加熱では、高周波が食材の分子に働きかけることで、分子の摩擦熱により直接食材を解凍できます。美味しさを閉じ込めて逃すことなく、食材の表面に熱が発生しないため解凍ムラを防ぎます。

まとめ

この記事では、株式会社ダイレクト・アール・エフ(小型急速解凍機フレーヴェ)の特徴をお伝えしました。小型急速解凍機フレーヴェは、美味しさをキープしたまま15分のスピード解凍ができる解凍機です。飲食業界が抱える食品ロスや衛生面の課題を解決に導いてくれます。

高いクオリティの解凍が、ボタンを押すだけの簡単操作で実現可能。設置工事不要で業界最小のコンパクトサイズなので置き場所も選びません。世界最速解凍技術や解凍品質の確保、コスト削減など、飲食業界の課題を解決できる小型急速解凍機フレーヴェの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

株式会社ダイレクト・アール・エフ(小型急速解凍機フレーヴェ)の基本情報

会社名株式会社ダイレクト・アール・エフ
住所〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中6-9神戸ファッションマート6F 6N-11
TEL078-414-8590
丁寧なヒアリングで個別の設計が可能!

プロトンエンジニアリング株式会社 /プロトン解凍機

プロトンエンジニアリング株式会社 /プロトン解凍機
引用元:https://proton-eng.co.jp/

プロトンエンジニアリング株式会社の解凍機は、大量の食品を毎日処理する大型工場から、部分的な解凍を求める小・中型工場まで、様々なニーズに応えることができます。完全解凍から半解凍、小型標準機から大型機まで幅広く対応。特に解凍時間の速さは業界でも注目のポイントであり、ドラム缶や一斗缶、ペール缶など、多様な容器にも対応可能です。
また、解凍プログラムを利用することで、表面温度の管理が簡単になり、休日出勤の削減にも繋がります!
解凍ニーズに合わせた最適なソリューションを提供するこのメーカーに、ぜひ注目してみてはいかがでしょうか?

おすすめの解凍機メーカー比較表

イメージ
引用元:https://proton-eng.co.jp/

引用元:https://www.depak.jp/

引用元:https://foodtechno-eng.co.jp/

引用元:http://www.shinsei.co.jp/product/melts.html

引用元:https://www.fujigiken.net/

引用元:https://www.meiji-kikai.co.jp/microwave/
会社名プロトンエンジニアリング株式会社株式会社サンテツ技研フードテクノエンジニアリング株式会社新星冷蔵工業株式会社フジ技研工業株式会社明治機械株式会社
特徴導入コストを抑えられる!徹底したヒアリングによって最適なオーダーが可能!解凍時の歩留まりが最大5%改善!解凍ムラが少ない!シンプル構造で衛生環境が高い状態を維持できる!タッチパネル操作が可能!ドリップ、目減り、変色といった問題が解決されている!タイプも豊富!「低温高湿ミストシステム」という画期的なシステムを採用!いくつかのタイプが存在!1時間当たりの最大解凍能力は驚きの15.4t!短時間での解凍が可能!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

PR【業界別に解凍課題を解決】 効率性UPと品質を守る製品はこちら