フードテクノエンジニアリング株式会社 /サイドサテライトシステム解凍庫

公開日:2024/02/05 最終更新日:2024/05/07

フードテクノエンジニアリング株式会社 /サイドサテライトシステム解凍庫

フードテクノエンジニアリング株式会社 /サイドサテライトシステム解凍庫
引用元:https://foodtechno-eng.co.jp/
冷熱技術で食品工場や低温物流センターの計画からアフターサービスまで一貫対応

おすすめポイント

ポイント1 ワンストップサービス
ポイント2 さまざまな分野での納入実績を持つ
ポイント3 お客様ファーストを掲げる

基本情報

サイズ(大型)
処理量目安
記載なし
サイズ(中型)
処理量目安
記載なし
サイズ(小型)
処理量目安
記載なし
解凍方法の種類凝縮潜熱を利用した解凍方式
システム管理方法多様な解凍パターンを用意
衛生管理方法自動洗浄機能搭載
問い合わせ方法電話、メールフォーム
会社情報フードテクノエンジニアリング株式会社
大阪府大阪市西淀川区佃 5丁目9番5号

納入事例

フードテクノエンジニアリング株式会社 /サイドサテライトシステム解凍庫へのアクセス

フードテクノエンジニアリング株式会社は、食品製造に関わるお客様のための「食」に特化したトータルエンジニアリング企業です。解凍機はもちろん、各種フリーザーをはじめ食品工場、低温物流センターの計画・設計から、製造、施工、運営、アフターサービスを一貫対応しています。ここではそんなフードテクノエンジニアリング株式会社の魅力や冷凍機の特徴などについてご紹介します。

フードテクノエンジニアリング株式会社の特徴①会社の取り組み

フードテクノエンジニアリング株式会社の画像2フードテクノエンジニアリング株式会社では、今までにない「おいしい」の感動を与えるために、4つの企業テーマに取り組んでいます。

新しさ

フードテクノエンジニアリング株式会社では、今までにない合理的で衛生的な向上のサポートに取り組んでいます。食材のうまみをより引き出し、栄養価を高める製品など、お客様のニーズのその先を見据えた提案のために独自の技術力や発想力、想像力の向上をおこない、グループ会社とのシナジーを強化しています。

価値

つねに変化する食のスタイルや価値観を調査、分析し、食材そのものの「おいしい」の追求をおこなっています。そのために食品研究部門と産学共同の研究により、凍結をはじめ各種実験データから、付加価値の高い冷却方法などを製品にフィードバックしています。

育成

フードテクノエンジニアリング株式会社では大きな可能性を秘めた若い力が描くビジョンが、企業の新しい価値になると考えています。それによりお客様と「未来」を話し合える力やお客様に必要なものを知る力を育成し、一歩先を導く力を応援しています。

未来

フードテクノエンジニアリング株式会社では企業の要である技術力や人間力を育み、創造を促す社内環境の構築にも力を入れています。さらに食品工場の未来を担う若い力が活躍できる環境作りを、教育、研究、休息、健康などをテーマに実践し、さらに未来のためのインターンシップにも注力しています。

フードテクノエンジニアリング株式会社の特徴②解凍機の特徴

フードテクノエンジニアリング株式会社の画像3フードテクノエンジニアリング株式会社の解凍機は、「品質保持」「衛生管理」「機能性」を兼ね備え、食品の美味しさをそのままに解凍することができます。ここではそんな解凍機の特徴をご紹介します。

適した食材

フードテクノエンジニアリング株式会社の解凍機がより高い力を発揮できるのは、食肉原料や水産原料などの冷凍品です。これらの食品を扱う加工工場や食品工場などで、フードテクノエンジニアリング株式会社の解凍機は選ばれています。

特徴

フードテクノエンジニアリング株式会社の解凍機は、圧縮蓄熱を利用した解凍方法で、風量コントロールや正逆回転により循環ファンが解凍ムラを抑えるという特徴があります。さらにプラス10℃での温度管理で製品焼けや変色を最小限にできるため、表面と中心の温度差が少なく従来の解凍方法よりもドリップを抑えられます。

衛生

また水噴霧式による蒸気での加湿を行うため衛生的であることに加え、解凍時の庫内温度をプラス10℃以下に抑制することから微生物の増殖を抑えてくれます。シンプルな構造で丸洗いも可能な耐水材質仕様になっているので、洗浄性も高く衛生環境を整えてくれるでしょう。また洗浄用の各種オプションも備えており、最適な洗浄ができるのもフードテクノエンジニアリング株式会社の解凍機の魅力です。

操作性

フードテクノエンジニアリング株式会社の解凍機の操作は、すべてタッチパネルで行うことができます。タッチパネル操作盤では製品の温度状態や庫内の温度がひと目でわかり、トレンドグラフで解凍運転経過も確認できます。専門知識も必要なく、直感的な操作感なので熟練度に関わらずすぐにデータにアクセスすることができることも導入しやすいポイントです。

管理

各製品の温度や操作、運転状況や警報などの履歴情報もすべて簡単に管理できるのもフードテクノエンジニアリング株式会社の解凍機の魅力です。個別にトレーサビリティの管理ができるので、大きなトラブルを防いでくれます。

フードテクノエンジニアリング株式会社の特徴③テストルーム

フードテクノエンジニアリング株式会社の画像4フードテクノエンジニアリング株式会社は、世界的にも類を見ないほどの機種と規模を備えたテストルームを備えています。

製造現場をシミュレーションできる

フードテクノエンジニアリング株式会社にて扱っているフリーザー実機やフライヤー、蒸し器などもテストルームに完備しており、加熱後の冷却テストも可能です。テンパリングでは冷却後のスライスまで対応しているなど、実際のライン構成や作業工程をシミュレーションしながらテストを行うことができます。

各種テストデータを収集可能

テストルームでは用途に応じて実機を使い分けることができます。商品である食材を持ち込んで冷凍後の食材の仕上がりのチェックや加熱による温度変化、商品の状態などのデータを、実際に導入した場合と同じように収集することができます。機器それぞれの性能を見て、試して、数値を確かめて、納得できるまでテストすることができます。また新商品開発としても役立てることができます。

高品質の根拠を確かめられる

お客様それぞれが求めている「おいしい」をどのように作り出すことができるのか、フードテクノエンジニアリング株式会社ではその根拠を見せることができます。5種類のフリーザーはもちろん、解凍庫や高湿度冷蔵庫、ワゴン台車洗浄機など、実機ベースのテスト装置を多種多様に用意し、すべて実際に運転して性能を確かめられるようになっています。ぜひその目でフードテクノエンジニアリング株式会社の実力を確かめ、自社の食材がよりよいものになるように製品選びをしてみてください。

まずは公式サイトをチェックしてみよう!

フードテクノエンジニアリング株式会社の高い技術と製品への自信が気になったら、まずは公式サイトをチェックしてみてください。サイトではより詳しい製品の情報や納入事例なども細かく確認することができるので、導入前の参考にもなるはずです。実際にテストルームを使用してみたい方や、より詳しい情報を確認したい方は、公式サイトのお問い合わせフォームまたは電話でお問い合わせをしてみてください。

丁寧なヒアリングで個別の設計が可能!

プロトンエンジニアリング株式会社 /プロトン解凍機

プロトンエンジニアリング株式会社 /プロトン解凍機
引用元:https://proton-eng.co.jp/

プロトンエンジニアリング株式会社の解凍機は、大量の食品を毎日処理する大型工場から、部分的な解凍を求める小・中型工場まで、様々なニーズに応えることができます。完全解凍から半解凍、小型標準機から大型機まで幅広く対応。特に解凍時間の速さは業界でも注目のポイントであり、ドラム缶や一斗缶、ペール缶など、多様な容器にも対応可能です。
また、解凍プログラムを利用することで、表面温度の管理が簡単になり、休日出勤の削減にも繋がります!
解凍ニーズに合わせた最適なソリューションを提供するこのメーカーに、ぜひ注目してみてはいかがでしょうか?

おすすめの解凍機メーカー比較表

イメージ
引用元:https://proton-eng.co.jp/

引用元:https://www.depak.jp/

引用元:https://foodtechno-eng.co.jp/

引用元:http://www.shinsei.co.jp/product/melts.html

引用元:https://www.fujigiken.net/

引用元:https://www.meiji-kikai.co.jp/microwave/
会社名プロトンエンジニアリング株式会社株式会社サンテツ技研フードテクノエンジニアリング株式会社新星冷蔵工業株式会社フジ技研工業株式会社明治機械株式会社
特徴導入コストを抑えられる!徹底したヒアリングによって最適なオーダーが可能!解凍時の歩留まりが最大5%改善!解凍ムラが少ない!シンプル構造で衛生環境が高い状態を維持できる!タッチパネル操作が可能!ドリップ、目減り、変色といった問題が解決されている!タイプも豊富!「低温高湿ミストシステム」という画期的なシステムを採用!いくつかのタイプが存在!1時間当たりの最大解凍能力は驚きの15.4t!短時間での解凍が可能!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
PR【業界別に解凍課題を解決】 効率性UPと品質を守る製品はこちら